2009年05月10日

九段斑鳩 at九段下

ランキング参加中です→ にほんブログ村 グルメブログへ

九段斑鳩

評価・・・★★★



斑鳩_外観s.jpg ★数の説明
★★★・・・積極的に通いたい店
★★・・・機会があれば行く店
★・・・機会があれば行っても良い店
☆・・・二度と行こうと思わない店


訪問日:09/05/07



ついに訪問することができました!というのは、東京九段の超有名店「斑鳩」です。テレビチャンピオンやら各種雑誌に取り上げられ、斑鳩は東京のラーメン界では別格の知名度を誇るラーメン屋です。


この日は運良く(?)小雨が降っており、なんとギリギリ待ちなしで入店することができました。1分もしないうちに5、6人が列を作り始めたのだから、ものすごい強運です。他の方のブログを見ると、斑鳩は土日は2時間近く並ぶこともあるようですから。


店の前にたどり着いた瞬間、今までのラーメン屋にはあまり感じたことのないオーラを感じました。威風堂々たる暖簾や、天井が高くゆったりとした店内、扇風機なんかもこっているし、店員さんもなんとなくシック。こんなラーメン屋あったかなぁ。これは出てくるラーメンにも期待大です。


斑鳩_ラーメンs.jpg

白濁系のスープは豚骨系と思いきや、鰹だしもかなり効いていて、さらに鶏ガラも感じられるという、ダブルならぬ「トリプルスープ」。
このバランスが絶妙で、どの味もうるさすぎない。全てが主役。そんな斑鳩のラーメンの一口目に絶句。(1人で行ったのであたりまえ)


ラーメンの麺はどうかというと、これまた日々精進を続ける斑鳩らしい。柔らかい気もするのだが、不快な柔らかさではないのです。どこかサクっとしているような…??


斑鳩麺s.jpg

モチモチ麺が主流のなか、世間の流れに逆行しているようにも思える斑鳩ですが、それこそが斑鳩を人気店の座にとどまり続けさせる秘訣なのかもしれません。


私の斑鳩での最大の疑問は、あのチャーシューの柔らかさをいかに実現しているのかということです。今度はチャーシュートッピングもいきたいですね〜。


昨年の穀物の高騰により、多くのラーメン屋の値段が上がり、ほとんどのラーメン屋では今も据え置かれています。そんななかで斑鳩は650円という、都心とは思えない値段で今日もラーメンを提供しています。綺麗な店内もそうですが、お客さんの立場でラーメンを提供する斑鳩って素敵ですね。


高級食材を惜しげもなく使うと言われるラーメンのスープ作りの執念は、そんな徹底した顧客主義から来るのでしょう。そんな斑鳩のラーメンにあって「味が落ちた」というセリフはこれからもなかなか聞けなそうです。


1軒のラーメン屋ですが、斑鳩の姿勢から学ぶものは多いなぁと思いながら店を出ました。


メニューも豊富なので、また近いうちに。

ランキング参加中です→ にほんブログ村 グルメブログへ



<店舗情報> 斑鳩
住所:東京都千代田区九段北1-9-12 九段下ビル1F
アクセス:地下鉄九段下駅3出口より徒歩5分程度
地図表示
TEL:03-3239-2622
営業時間:11:00〜15:00 17:00〜23:00
    (土祝は11:00〜16:30 18:00〜22:00)
定休日:中曜


posted by Mr. Bee at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 飯田橋・九段《らーめん》 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

めん徳二代目 つじ田(ラーメン) at飯田橋

ランキング参加中です→ にほんブログ村 グルメブログへ

めん徳二代目つじ田

評価・・・★★



つじ田 外観s.jpg ★数の説明
★★★・・・積極的に通いたい店
★★・・・機会があれば行く店
★・・・機会があれば行っても良い店
☆・・・二度と行こうと思わない店



今回訪問したのは飯田橋の「つじ田」。この日は友人と朝まで遊んでいたために朝昼兼用という感じで11時過ぎの訪問でした。


当初は九段下の超有名店の「斑鳩」まで歩いて行く予定でしたが、飯田橋の駅前にちょうど「つじ田」があり、まだ行列ができていなかったこともあって、そのまま「つじ田」に入店しました。日曜日なのに、待ちゼロとはラッキーでした。


店員さんにおすすめを尋ねると、「圧倒的に二代目つけめん」という返事がかえってきました。そこで、友人が「二代目つけめん」、私は「ラーメン」を注文。


他店と同様にラーメンの方が早く出てきます。ややトロリとしたスープに中太麺のラーメンは味付け玉子、チャーシュー、メンマなどがのっており、賑やかです。

つじ田 らーめんs.jpg


一口スープを飲むと、魚介の味がかなり効いており、味も濃厚で麺とスープがよく絡みます。お店によると、スープは豚骨、比内鶏、野菜など十数種類の食材から作られているとのことで、相当のこだわりスープのようです。


麺は歯応え十分で個人的に好きなタイプの中太麺です。少しすると、表面に綺麗な膜が張ってきました。


朝昼兼用のためお腹が空いていたために大盛りにしましたが、量はあまり多くないですね。そもそもデフォルトで900円というのはさすがにキツいなぁと思います。それがこのラーメン屋のマイナスポイントですね。


ただ豚骨を強調しすぎていないながら、スープの濃厚さを演出している「つじ田」のラーメンは完成度が高く、また食べたいと思うものでした。


一方の「つけめん」はというと、こちらは酢橘が付いたあっさり系です。「つじ田」のつけめんは、もっと粘度が高い濃厚系というイメージがあったため、あっさり系のつけだれは意外でした。

つじ田 つけ麺s.jpg  つじ田 つけだれs.jpg



ただ、魚介豚骨系のつけだれはバランス重視で、誰にでも無難に食べられる味に仕上がっています。また、黒七味や酢橘を加えることで印象を大きく変えることができ、食べている最中に飽きが来ないというのが、このラーメン店の最大の武器でしょう。


「つじ田」はラーメンよりもつけめんがメインのお店のようですが、個人的にはラーメンを食べるためにリピートしたいなぁというお店でした。値段が高いため、★は2つにしておきます。


<店舗情報>
住所:東京都千代田区飯田橋4-8-14 1F
アクセス:飯田橋駅東口 徒歩1分
TEL:03-6268-9377
営業時間:平日 11:00〜22:00
     土・日・祝日 11:00〜21:00
定休日:不定休
posted by Mr. Bee at 10:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 飯田橋・九段《らーめん》 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

黒兵衛 at飯田橋

ランキング参加中です→ にほんブログ村 グルメブログへ

黒兵衛

どこかのラーメン屋に行こうと携帯でチャチャッと調べてたどり着いたのがこのお店。

黒兵衛の外観
黒兵衛店舗修正.JPG 評価・・・★★
★★★・・・積極的に通いたい店
★★・・・機会があれば行きたい店
★・・・機会があれば行っても良い店
☆・・・二度と行こうと思わない店


一言でこの店を表現するなら「Tokyo Walkerなどには載るが、ラーメン専門誌からは評価されないお店」というところでしょうか。店に入ると客が1人もいないことに驚き・・・出るときには5人ほどいましたが。

メニュー表kurobee.jpg このお店の特徴は
 「好きなトッピングでオリジナルの
 メニューを作れる」
 ということらしいのですが、
 冷静に考えればそんなことは
 どこの店も共通ですよね(笑)


今回頼んだのは味噌ラーメンに半熟たまご、げんこつ、チャーシューがトッピングされたもの。スタッフズという名前で、お値段は950円。ちょっと高いかな。

くろべえ味噌修正.JPG <基本情報>
 量:200グラム(大盛+150円)
 麺の種類:中太手もみ麺
 スープ:とんこつ系だがくどくない


スープはとんこつ系なのだが、余分な油を取っているということで余計なギトギト感がなく、割とあっさり食べられるのはポイントかもしれません。しかし麺の特別感を謳っている割には、麺は特別なものではなく、しかも結構柔らかめ。この点は気になりました。


1点評価できる点は、ばら肉を煮込んだ「げんこつ」のレベルが高いということ。チャーシューが何の変哲もないのに比べ、このげんこつは味、食感ともにかなりのもの。「スタッフズ」が人気と書いてありますが、どう考えても「げんこつ」をトッピングした方が良いと思います。
半熟たまごはつける価値なし。


この店は以前に「元カレ」の撮影に使われたということで、広末涼子さんなんかのサインなどがありましたが、あぁいうのが置いてある店って個人的にうさんくさく感じてしまうんですよね。


この店で味噌ラーメン食べるなら馬場の純連に行った方がいいな。というのが感想なので、星の数は2つにしておきましょう。

ランキング参加中です→ にほんブログ村 グルメブログへ

【店舗情報】
住所:東京都新宿区神楽坂2−10
アクセス:飯田橋駅B3出口を出て、右に少し進み、ファミリーマート     の手前の路地を右に入るとすぐ。
TEL:03-3267-6058
営業時間:11:30〜15:00、17:00〜21:55(土曜20:25 L.O.)
定休日:日祝

posted by Mr. Bee at 01:05| Comment(0) | 飯田橋・九段《らーめん》 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。